profile
background
work
background
background
Takuya Suzuki

TAKUYA SUZUKIは、日本の映像作家。
現在はオリジナルのショートアニメーションシリーズや、
実験アニメーションの制作をメインに活動している。

2007年にオーストラリアの芸術大学(Victorian College of the Arts) で、
最優秀脚本賞、最優秀作品賞などを受賞。
同年短編アニメーション部門においてアカデミー賞受賞者を輩出したアニメーション科を卒業。

2009年には、メルボルン国際研究スカーラーシップを獲得。
執筆した博士論文『Time Sense (2012)』は、
世界的に有名なアニメーション研究者であるポール・ウェルズ氏などから高い評価を得る。

2013年には映画・テレビの分野で博士号を取得。
客員講師としてメルボルン大学でアニメーションを教える。

2014年、これまでの経験をいかし母国日本で、
TAKUYA SUZUKI VISUAL WORKS を設立。
特に環境をより面白いものに変えることを目標に映像制作を行っている。

お問い合わせ、お仕事のご相談は下記フォームよりお願い致します。
会社名 /お名前、Eメールアドレス、お問い合わせ内容を記入し『確認』ボタンを押してください。

内容を確認の上、『送信』ボタンを押してください。
記入したEメール先に確認用のメールが送信されます。

メールが届かない場合はお手数ですが、
080-4465-0120 までお問い合わせください。